スポンサーリンク

運命のご縁をつなごう〜出会うべき人と出会うための最高の方法

旅人ライフ情報
この記事は約5分で読めます。

僕の人生が変わるとき、必ずと言っていいほど、人との出会いが重要な役割を果たしていました

そんな出会いがいくつも重なって、ぐいぐいと導かれるように、思いもしなかった世界が目の前に現実化してきました

本当に、想像もしなかったような現実、しかしこれを望んでいたんだなと思える現実が次から次へと展開してきたことに気づかされます

しかし、それまでは、長年生きていたのに、そういう運命を大きく変えるような出会いの感覚はありませんでした

では、何が変わったのか?

僕が経験した一つの例からお伝えします

スポンサーリンク

僕を世界一周の旅へと導いた出会い

出会いの詩

心の声を聞き
感覚に従い
行きたいところへ行くようになると
運命に導かれるような出会いがある

とあるボランティアで
何年も世界中を放浪する旅人たちに出会った
心のままに生きている
優しくて強く
思いやりがあって自分軸もある
気持ちの良い仲間たち
自分はすごいんだぞとアピールすることもなく
私なんて、、と卑下することもない
フラットで素直な自己表現
そのたくましい波動が心地良くて
僕もその世界の中にいる感覚があった
ボランティアっていいものだな
自分の利益のためでなく
ただ与えるだけの
汗を流す泥臭い活動が
凝り固まったエゴを少しずつ洗い流す

そして
世界一周の旅の波動が
僕の中にも広まった
運命の瞬間だったかもしれない

どんなふうに出会ったか?

これは出会いのプロセスの一例です

もう少し具体的に流れをお話しすると次のようなものでした

僕は仕事を辞めるとき、その後最初にやりたいと思っていたことは、両親を旅行に連れて行くことでした

両親の希望を聞き、九州へ旅行に行きましたが、熊本を訪れた翌日、偶然にも大地震が熊本を襲ったのです

幸い、僕たちは予定通りの旅行を終えて帰ることができましたが、その後僕は、どうしても熊本に震災ボランティアに行きたいと思いました

それは阪神淡路大震災の時も、東日本大震災の時も、ボランティアに行きたいという気持ちはあったのですが、仕事があるという言い訳をして実行に移せなかったのを悔やんでいたところ、あのような偶然で地震に遭遇したので、これは何かのご縁だと感じたからです

それで、僕はある「つて」を頼って、熊本に震災ボランティアに行きました

そのつてというのは、ある森での森林再生の活動、これも僕が仕事を辞めるにあたって、是非ともやってみたいと思っていたことなのですが、この活動の場で偶然出会った人と話をしていて、熊本にボランティアに行きたいんだということを打ち明けたら、それならちょうどいい人がいると言って紹介してくれた現地の人なのです

そして熊本へ行き、紹介してもらった人のところに泊まり、その人の紹介で出かけて行った震災ボランティアの現場で出会った仲間たちの中に、何年も世界を放浪して歩いてきた人たちが何人かいたわけです

その人たちと話していると、なんとの言えない落ち着きと、地に足のついた自由さが伝わってきて、素敵だなー、羨ましいなーという気持ちになりました

と同時に、自分と異質な人間ではない、むしろ自分もその空気感の中にいると落ち着くし、同じ匂いがする、みたいな親しみの湧く感覚がありました

また、その人たちは、決して特別な変わり者ではないというか、むしろ人間として成熟している感じがしました

要するに、世界を旅している人たちに対する、「自分とは違う世界の人だ」という色眼鏡が外れて、ごく身近な存在になったのです

そしてそれと同時に、世界一周の旅も、遠い世界の夢物語から、実現可能と思える身近な存在に変わったのです

その後しばらくして、僕は世界一周の旅への想いが抑えられなくなり、大した準備もしないまま、本当に世界一周の旅に出発しました

あの熊本のボランティアでの出会いがなかったら、世界一周への想いは現実化していなかったと思います

僕にとっては、運命の出会いと言ってもいいものでした

出会いを導いた鍵

すべては、僕自身が、やりたいという自分の心の声に従い、やりたいことを行動に移したことによる、出会いの連鎖でした

自分の感覚に従い、ちょっとした勇気を持って行動し、そこで出会った人や出来事にご縁を感じ、そのご縁を受け入れて行動する

その繰り返しだったように思います

本当は、どんな人生の流れも、自分が選択して創り出しているのかもしれませんが、「自分の心の声に素直に従おう。怖れずに勇気を出して行動しよう。」と意識して動き出した途端に、必然のような偶然の出会いが重なり、人生の流れが加速したのも事実です

そのような心がけと行動をするたびに、思いもしなかった経験と巡り合い、新しい自分を発見する体験を繰り返すのです

そのことによって、「ご縁という名の運命に身を委ねよう。そこで導かれる経験にはきっと意味がある。」と信じられるようになってきました

自分の心のままに選択して人生を創る充実感を覚えると同時に、出会いの連鎖、それによる運命に身を委ねるのを楽しんでいる、そんな感覚です

それが、「運命の出会いを引き寄せる鍵だ」という言い方もできるし、「偶然の出会いを活かして自分の望む人生を創っていく鍵だ」という言い方もできるでしょう

僕自身、いつもそんなふうにできるわけではないのですが、何か行き詰まったり、心の違和感を感じたりしたときに、呼吸を整えて心を落ち着け、素直な心のままに行動して運命に身を委ねる時の、あの自由と歓びの感覚を思い出すようにしています

まとめ

運命の出会いの鍵
  • これをやりたいという素直な心の声に従う
  • 少しの勇気を出して行動する
  • そこでの出会いにご縁を感じて受け入れる
  • 出会いの連鎖に身を委ねる

Amazonアソシエイツ参加中です
日本ブログ村
旅人ライフ森の相談所 - にほんブログ村
日本ブログ村ランキング
楽天市場
旅人ライフ情報
スポンサーリンク
旅人ライフ森の相談所

コメント

タイトルとURLをコピーしました